ブログ

牛ほほ肉の赤ワイン煮込みのレシピをご紹介します。

 
 

今回は、煮込みの代表格でもある
牛ほほ肉の赤ワイン煮込みをご紹介します。

hohonikunikomi
 

 
 
 
 
 
 
 
 

じっくり時間をかけて煮込む牛ほほ肉は、
ほろっととろけるような柔らかさで、牛ほほ肉のうまみを
しっかり感じる究極の一品です。
 
 

煮込みはできれば少量より多い分量で作るほうが
旨みも引き立つので牛ほほ肉を1キロから2キロぐらいを
用意して作ってみてください。
 
 

パーティーにはもちろん冷凍もきくので
とっても便利で美味しい料理です♪

 
 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 
 

【材料15人分】
 

牛ほほ肉(かたまり)…1kg

塩こしょう…適量

小麦粉…適量

オリーブ油…適量

にんじん…1本分

セロリ…1本分

玉ねぎ…3個分

ブーケガルニ…1束

ポート酒…750ml

赤ワイン…1.5L

ホールトマト…200g

フォンドヴォー…800ml

バター…少々

付け合せ
白ポレンタのピュレ…適量
さやいんげんのバターソテー…適量

クレソン…適量
黒こしょう…適量

 
 
 

【作り方】

1.牛ほほ肉はフライパンや鍋の大きさに応じて
  できるだけブロックの状態で煮込みます。
  塩こしょう各少々をふり、小麦粉をまずして
  フライパンを弱火で熱してオリーブオイルを
  多めに入れて両面に焼き色をつけます。
 

2.鍋にオリーブ油大さじ2を熱し、
  にんじん、せろり、玉ねぎを炒め、。
  しんなりしてきたらブーケガルニを加えます。
 

3.2.の鍋に牛ほほ肉を入れ1のフライパンに
  ポート酒を強火にかけアルコールを飛ばして
  2の鍋に加える。
 

4.3の鍋にホールトマトを加え、赤ワインを
  ひたひたに注ぎ入れ、30分程弱火で煮ます。
  フォンドヴォーを加え、煮立ったらアクを
  とり、3時間ほど弱火で煮込みます。
 
  

5.鍋から牛ほほ肉をとりだし、食べやすい
  大きさに切ります。
 
  
6.4の煮汁をこし器で裏ごし、鍋に戻して半量に
  なるまで弱火で煮詰めます。塩、こしょう各
  少々、バターで味を調えます。
 
  
7.器に白ポレンタのピュレをのせ、5を盛り、
  さやいんげんとクレソンを添えます。6のソース
  適量をかけ、粗く砕いた黒こしょうを散らして
  出来上がりです★
 
 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
 
 

本格的なレシピですが、是非挑戦してみてくださいね♪
 
 
 
 

 
1時間に55枚焼き上げ石窯と同じ焼き上がりを実現!そんな夢のような次世代ピザオーブン「イミール」の秘密を大公開!詳しくはコチラをクリックしてください!

パスタの基本【アーリオ オーリオ】のレシピをご紹介します。

 
 

今回は、シンプルでオイル系パスタの基本となる
【アーリオ オーリオ】をご紹介します。
 
 

pasta-001
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【アーリオ オーリオ】を覚えれば
材料次第で様々なパスタに応用が利きます。
 
 

是非この機会に習得してください♪
 
 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 
 

【材料2人分】
 

パスタ(1.4㎜)…160g
にんにく…みじん切り小さじ2
赤唐辛子…1本
パセリ…大さじ2.5
白ワイン…大さじ1
塩コショウ…適量
オリーブオイル…大さじ2
 
 
 

【作り方】
 

1.パスタを茹で始める
 

2.熱したフライパンにオリーブオイル
  ニンニク、赤唐辛子を入れ弱火で
  にんにくがキツネ色になるまで炒める
 

3.2.のにんにくと赤唐辛子を
  いったんキッチンペーパーにとり
  油を切ります。
 

4.2.のフライパンにパスタの茹で汁を
  50mlほど入れて火を止めます。
  
 
5.茹であがったパスタを4.に加え
  パセリ大さじ2を加え、余熱であえて
  塩コショウで味を調える。
   

6.器に5.を盛り、3のにんにくと
  赤唐辛子、残りのパセリを加えて完成♪
  
 
 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 
 
 

※にんにくと赤唐辛子の旨みを存分に引き出し
にんにくの炒め方と手順がとても重要です。
 
 

シンプルなパスタほど
奥深さがあるので是非たくさん
作って基本を習得してくださいね♪
 
 
 
 

 
1時間に55枚焼き上げ石窯と同じ焼き上がりを実現!そんな夢のような次世代ピザオーブン「イミール」の秘密を大公開!詳しくはコチラをクリックしてください!

ベッペさんのトマトジェノベーゼパスタのレシピをご紹介

 
 

今回も以前ご紹介したポモドーロソースを使った
大人のイタリアンレシピをご紹介いたします。

本日ご紹介するのは、
イタリアでも多くの人に長年愛されている
ベッペさんという人がつくったとして愛称がついている

ベッペさんのトマトジェノベーゼパスタ】です。

tomatopasta

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 
 

【材料2人分】

パスタ(1.4㎜)…160g

フルーツトマト…4個

ポモドーロソース…70ml

ジェノベーゼソース…大さじ2

にんにく…みじん切り小さじ2

赤唐辛子…1本

バジル…4枚ほど

白ワイン…大さじ1

リコッタチーズ…大さじ2と小さじ1

オリーブオイル…大さ3
 
 

【作り方】

1.パスタを茹で始める

2.熱したフライパンにオリーブオイル
  ニンニク、赤唐辛子を炒める

3.くし切りにしたトマトとバジル半分を
  フライパンに加え、中火でかるく炒め、
  白ワインを回し入れる
4.3.にポモドーロソースを加えて
  よく混ぜ合わせ、塩、こしょうで
  味を調えジェノベーゼソース大さじ2を加える
  

5.茹であがったパスタを4.に加えよく和えます
  

6.器に5.を盛り、リコッタチーズをのせて
  小さじ1のジェノベーゼソースをかけて
  バジルの葉をのせて完成です。
  

 
 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 
 

南イタリア原産のフレッシュチーズである
リコッタチーズの程よい甘味と酸味が
トマトジェノベーゼのソースと相性が抜群です♪
 
 

本格的で伝統のある大人のパスタをどうぞ
一度お試しください。
 
 
 

 
1時間に55枚焼き上げ石窯と同じ焼き上がりを実現!そんな夢のような次世代ピザオーブン「イミール」の秘密を大公開!詳しくはコチラをクリックしてください!
 
このページの先頭へ
株式会社便利通信社 〒349-0105 埼玉県蓮田市藤ノ木2丁目92番地/TEL:048-689-3431